2019年02月23日

友人が初めての老眼鏡を作る……@

わたくし47歳男、最近はすっかり小さい字
が見えにくくなってきました(ー_ー)

しかし昨年同級生と旅行に行った際には誰も老眼はしていない……

 私  「携帯とか見えてんの?」

友人A 「確かに最近はつらいね〜」
友人B 「まぁつらいけど、俺は大丈夫かな」
友人C 「見えなくはないけど……まさかこれが老眼か?」

 私  「だな。あきらめてメガネ作れ(笑)」

 友人 「老眼鏡を買いに行くのは抵抗あるな〜」

考えてみれば47歳〜48歳バッチリ老視年齢なのに
友人が老眼鏡を掛けているなんて聞いたことない
私が遠近両用メガネを掛け始めたのが3年位前だったが
はたしてメガネ屋という商売をしていなかったら
遠近両用メガネなんて掛けていたのかexclamation&question

きっとしていない……

「自分は大丈夫、自分が老眼なんて」
きっと友人と同じことを思ってましたね
気分は高校生のままですから(笑)






そんなことがあり先日友人が初めての
老眼鏡(リーディンググラス)を
作りに来てくれました眼鏡

最近は携帯や本が見づらい、もう老眼鏡掛けなきゃならんのか……(-.-)
と考えている同じ世代のお客様へ参考になればと思いますぴかぴか(新しい)


@ まずは老視(老眼)とはの説明から!

老眼は簡単にいえば、老化とともに目の水晶体の弾力が減り
ピント調整がうまくできなくなることです。
老眼になると、眼の照準が合わない状態になるので、
遠くのものは見えるのに近くのものが見えにくい
暗くなると見えにくい、小さな文字を少し離さないと見えにくい
といった症状が出始めます。
これらの症状が起こる場合は、老眼の可能性があります。

半分は聞いていない様子でした(笑)



次に



A どのような場面で使用したいのか!

a・単純に本や新聞が読みたいだけの老眼鏡。
b・パソコンの画面も見えるデスクワーク近々両用メガネ。
c・室内で掛けていられる中近両用メガネ。
c・室外に出て車の運転も出来る遠近両用メガネ。


この友人は今まで全くメガネを掛けたことがなく
友人 「近々・中近・遠近??????」
   「遠近はいかにも年取ったみたいでヤダなぁ〜」


なるほど……
老眼というだけで抵抗があるのに遠近両用なんて
言われたら少なからずショックを感じるのかもしれない
と勉強になったがく〜(落胆した顔)
ちなみに普段はリーディンググラスと言っていますよ決定


私「じゃあ、まずは視力検査からしてみよ」


つづくsoon



http://www.meikoudou.jp/





posted by meikoudou at 19:12| 日記